自動車部品メーカー向け転職エージェントランキング

自動車部品メーカーは安定した転職先

日本は世界でも有数の自動車産業の栄えている国です。国内はもちろん海外にも販路は拡大しており、自動車部品メーカーは比較的安定した求人数を転職市場に提供しています。

自動車部品メーカーの非公開求人を探すなら、ハローワークだけでなく民間の転職エージェントも活用しましょう。マイナビエージェントこれまで多くの転職成功者を生んできた信用あるサイトです。

自動車部品メーカーの転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビエージェントは第一位の転職成功実績を誇る人材紹介サイトです。キャリアアップの豊富な実績があり、他業界から自動車部品メーカーへ転職した方もいれば、同業他社からより条件のいい大手の自動車部品メーカーへ転職した方も多く見られます。転職未経験の方でもマイナビエージェントは専任のアドバイザーが企業とのやり取りを代行してくれるので安心です。また、マイナビエージェントは転職イベントやセミナーも定期的に実施しているので、転職活動中はそちらも活用できます。


リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートエージェントはリクルートの人材紹介サイトです。リクルートは就職情報サイトや転職情報サイトで有名であり、さまざまな企業採用課題を解決してきた経験と実績を持っています。リクルートエージェントの利用時にはプロフェッショナルなアドバイザーによるサポートを受けることが可能です。また、リクルートエージェントは各業界に通じる独自のネットワークを持ており、非公開求人や独占求人の数が豊富となっています。他の転職エージェントでは見かけない自動車部品メーカの求人情報を見付けることもできます。


ビズリーチ 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
ビズリーチは有料会員制の人材紹介サイトです。特徴として、高収入、高待遇の求人情報が多数掲載されていることで知られています。職種は管理職や専門職の他、グローバル人材に特化しているので、英語力や中国語を活かして自動車部品メーカーで働きたいと考えている方には最適な人材紹介サイトだと言えるでしょう。


自動車部品メーカーは転職しやすいか?

自動車産業は日本における最も主要な産業です。トヨタ、ホンダ、日産、マツダ、スズキ、ダイハツ、三菱など、世界に誇る自動車メーカーが数多く存在しており、日本製のクルマは安全性と操作性の高さで高い評価を受けています。近年では、平成20年以降は世界経済危機の影響を受けて国内外の自動車販売台数が急落したものの、平成24年以降は円安やアベノミクスの経済効果の影響を受け、業績回復の兆しを見せています。平成25年から平成26年の自動車業界の業界規模は60兆3,720億円に達しており、雇用も増加している傾向にあります。

自動車産業は業界規模が大きく、また、従業員も多いです。自動車メーカーや自動車部品メーカーは他業種と比べても求人募集が非常に多いため、就職や転職がしやすいと言えるでしょう。大手の自動車メーカー、大手の自動車部品メーカーだからといって東大をはじめとする高ランクの大学からの卒業生ばかりが採用されるということもなく、知名度の低い地方の大学から採用を勝ち取る方も少なくありません。新卒採用においてはやる気やコミュニケーション能力が、中途採用においては資格や経験が重視されます。なお、基本的に、新卒採用は総合職、中途採用は専門職での採用となります。そのため、中途採用は応募職種の実務経験が必須となる場合が多いです。なお、傾向として、自動車メーカーや自動車部品メーカーは理工系の学部学科の卒業者が中心ですが、営業、事務、総務、経理、人事、調達、生産管理など、文系の学部学科の卒業生が活躍できる職種も数多く存在します。

世界経済危機の影響により、自動車産業をはじめとする製造輸出業は大きな売上の下落に見舞われました。しかし、近年ではアベノミクスの経済効果、円高不安の解消を受け、自動車産業の業績は回復傾向にあります。特に、今後の成長が見込まれる新興国と深い繋がり自動車部品メーカーの伸びが顕著です。こうした背景を受けて自動車部品メーカー各社は海外展開に力を注いでおり、その一環として中途採用が積極的に行われています。中途採用で需要が急増しているのが語学力と営業力に秀でた人材です。採用者はセールスエンジニアなどの職種に就き、語学力と営業力と活かして新しいマーケットを切り開いていくことになります。特に外資系の自動車部品メーカーはセールスエンジニアの獲得に熱心であり、外資家の自動車部品メーカーは性別や年齢や国籍にこだわらない風潮があるので、実力があれば誰にでも採用を勝ち取るチャンスがあります。

自動車部品メーカーの採用職種は?

自動車部品メーカーといっても、工場で部品の開発や製造ばかりを行っているわけではなく、採用職種は多種多様です。傾向としては理工系の採用職種と採用人数が多いですが、自動車部品メーカーには文系の卒業生でも活躍できるさまざまなビジネスフィールドがあります。

自動車部品メーカーにおける最も代表的な職種が製品開発です。製品開発は基本的に技術者がチームを組み、設計、試作、実験、評価を行っていきます。クリエイティブセンスが試される職種であり、モノ造りの醍醐味を味わえます。

自動車の操作性、快適性、安全性を高めるためには車両とエンジンの適合が必要です。これらの適合率を上げるのはシステム開発の担当となります。システム開発では業務で培ったシステム知検を活かし、先行技術開発職と環境に配慮しつつもよりパワフルな走りができる次世代のクルマ作りを目指していきます。

自動車部品メーカーではさまざまな製品の生産を行っており、生産性の向上は利益の向上に直結します。そして、生産性を高めるのが生産技術の業務です。生産技術は生産工程の設備を整え、安定したモノ造りができる環境作りを行っていきます。1本のラインの完成のために年単位の歳月を費やすこともあり、生産技術の業務は長期スパンで行われるのが特徴です。

自動車部品メーカーの営業では個人宅への飛込みなどはありません。営業は個人ではなく法人が対象となります。具体的には、市場動向の情報収集、社内関係部署や得意先メーカーとの情報共有などを通じて新製品開発や既存製品改良の計画立案を行い、国内外の拡販に結び付けます。

調達も自動車メーカーの、モノ造りの根幹を担う職種の一つです。調達はその名の通り、材料、部品、設備の調達を担当します。また、それらをいかに安く仕入れるかというのも調達の重要な仕事なので、さまざまな仕入れ先へ常にアンテナを張り巡らせておくことが必要です。なお、製品の品質や安全性の向上のため、逆にコストパフォーマンスが高くつく材料の仕入れを担当する場合もあります。

生産管理は自動車メーカーや海外拠点から発注を受けた製品の納入管理を担当します。工場のキャパシティを踏まえて生産スケジュールを立て、納入数の調整、管理を行うのが主な業務です。その他、製品輸送時のパッケージも生産管理が決定します。

品質保証は自動車部品メーカーにおけるカスタマーサービスのような職種であり、主にユーザーからのクレームに対応します。基本的に製品への不満を持っている顧客が対象となるため、製品に関する幅広い知識はもちろん、相手の感情に寄り添うコミュニケーションスキルが求められます。

TOP

自動車部品メーカーの転職の基礎

条件別の自動車部品メーカーの求人

人気の自動車部品メーカーの採用情報


Copyright (C) 2015-2018 自動車部品メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.